診療案内 Medical treatment

  • 整形外科

     整形外科医として長年手術に携わってまいりました。専門は手の外科です。 関西労災病院では12年間、肩、肘、手を中心として多数の手術をしてまいりました。
     高齢者の腰痛には様々な要因があります。骨粗鬆症を基盤とした「いつのまにか骨折」、かなり頻度が高いです。コルセットの使用、様々な種類の鎮痛剤の投与などで対処しますがその原因である骨粗鬆症の治療が大切になります。新しく設置した世界標準の骨塩定量器を用い検査し、注射を含めた骨粗鬆症治療薬を導入します。 歩いていて腰が曲がる、5分歩くと座りたくなる、大腿部下腿部がしびれる、などの症状は腰部脊柱管狭窄症が考えられます。硬膜外ブロックや 椎間関節ブロック、プロスタグランジンE1製剤等を使用するとともに、末梢神経の疼痛を和らげる薬(タリージェ、リリカ)などの投与を行います。
     中高年の膝痛には変形性膝関節症が最も多いですが、一言で変形性関節症と言っても半月板軟骨などの損傷、滑膜の炎症もあれば骨髄内の挫傷が原因のものなどもあり、その病態を見極めて治療します。治療は膝関節の筋肉トレーニング、荷重軸の変更のための足底板、ヒアルロン酸注射を用います。
     思春期の腰痛で代表的なのは疲労骨折です。体の動きは各関節運動が連鎖するように作動します。例えば投球動作には足関節を動かし、膝を屈伸し、股関節を動かし脊椎を回旋し肩、肘、手と力を伝達していきます。このとき例えば股関節の動きが硬ければ隣の関節である背骨の動きが大きく要求されます。針金を何度も折り曲げると金属疲労で折れてしまいますが、骨も硬いのですが弾性体なので針金と同じように骨折してしまいます。治療としてはある程度の安静と体の硬さを改善することが必要になります。代表的にはハムストリングや大腿四頭筋のストレッチです。
     手関節の親指側の痛みとしての親指を伸ばす腱の腱鞘炎、小指側の尺骨頭部(手関節の小指側で出っ張っている部分)にも腱鞘の問題が多いです。この尺側手関節部痛に関しては現在まで学会等で詳しく発表してまいりました。母指の根元、手首に近い部分の痛みとしての母指CM関節症は中高年の女性を中心として多く発生します。手の指に発生するバネ現象ですが、注射により多くの場合は回復します。 再発する場合、当院ではばね指に対しては、注射針を用いて小さな針穴だけの傷で治療する経皮的腱鞘切開手術を外来で実施しております。

    続きを読む閉じる
  • リウマチ科

     関節リウマチは手指の小さな関節から始まることが多いです。私は専門が手の外科です。そのため手の患者様を診せていただく機会が多かったため、多くの関節リウマチの患者様の治療、とりわけ抗リウマチ薬による治療、時間が経過し変形した手指、手関節、足趾、などに対しての手術治療を数多く経験しました。
     最近の関節リウマチの治療の進歩は目覚ましいものがあります。バイオ(生物学的製剤)や、JAK阻害剤、などの開発に加えて、リウマトレックス(MTX)をKey drugとして、様々な免疫調整剤を使用することにより関節リウマチの進行を止めて関節が破壊されることを防ぐことができます。その証拠に関節リウマチによる膝関節、股関節、肘関節、手関節など様々な関節リウマチ由来の変形の手術は激減しております。関節リウマチは薬でコントロールできる時代になってきました。当院では約100名の関節リウマチの患者様の治療をしております。

    続きを読む閉じる
  • スポーツ整形外科

     尼崎の関西労災病院に12年間勤務しました。尼崎、伊丹では、野球障害の子どもたちがたくさん受診されました。それらの患者様を診察させていただき、この地での野球障害の発生を予防する必要があると考えました。尼崎の野球協会の方々と連携を取り、特にスポーツ少年団のフィールドワークとしてのコンディショニングチェック、野球障害予防の講習会などを始めるうちに兵庫県体育協会の方々から、スポーツ少年団指導者講習会を任せていただきました。尼崎、姫路を中心として、スポーツに必要な医学的な知識、少年期の特徴とスポーツ障害予防について15年以上の間、指導者講習会の講演をさせて頂いております。成長期におけるスポーツ障害の多くは指導者、保護者の医学的知識が十分でないために発生することが多くこれを改善することが肝要です。一昔に比べますと、スポーツの指導者、監督などの医学的知識はかなりの程度まで高まったと思います。しかし時代に逆行した選手の使い方、指導方法の監督がいまだに存在することも事実です。更に努力して少しでもスポーツの現場に貢献できればと考えます。
     外来に来られるスポーツ少年の障害は多くは使いすぎによるものです。各筋肉のストレッチ指導を中心として治療します。

    続きを読む閉じる
  • ストレッチ指導や投球フォームチェック

  • リハビリテーション科

     現在、温熱療法を中心としたリハビリテーションを様々な器械を用いて実施しております。
    主として中高年の方の腰痛、膝痛に対して実施しております。手のしびれや頚椎由来の神経症状の改善に頚椎牽引、腰椎腰椎椎間板ヘルニアなどに対する腰椎牽引、深部の温熱治療としてのマイクロ波、干渉波、ホットパック、下肢の浮腫の改善を目的としたメドマー、骨折の治癒を促進するLIPUS超音波治療器、関節などを柔らかくし炎症を取る超音波治療器、などを用いて治療しております。

    続きを読む閉じる
  • PRP治療

     PRPとは、Platelet Rich Plasmaの略で、血液を遠心分離いたしますと血球層と血漿層に分かれます。その境の部分に血小板が豊富に存在する層があります。この血小板のたくさん存在する層にはいろんな成長因子が豊富に含まれます。これを取り出して断裂した腱や、変形した関節(膝関節など)に注射して自分本来が持つ自然の回復力を促進するという方法です。この方法は国が定めた再生医療等安全確保法により治療の提供計画が認められた施設のみで可能です。 当院は第2種、及び第3種再生医療等提供計画に関して 国により 認められた施設です。 治療は自費診療となるため高額ですが、変形性膝関節症などでどうしても手術を回避したいという方、スポーツ障害で治療期間が長いため少しでも治癒を促進したい患者さまに一考の価値があります。  当院では、Zimmer-Biomet 社の製品で、腱や靭帯部分に用いるGPSⅢシステム、膝関節や肩関節に用いるAPSキットを用いて治療を実施しております。 詳細については「Zimmer Biomet(ジンマー バイオメット)」のサイトをご覧ください。 なお費用などに関しましては当院受付に電話などでお問い合わせください。

    続きを読む閉じる