尼崎ロータリークラブ
コンテンツ
トップページに戻る
会長方針
RI会長
クラブ概要
委員会構成
週報(ウェブ版)
例会予定表
クラブの歴史
50年の歩み
50周年祝賀会
60周年記念式典及び記念事業
65周年祝賀会
バナー物語
会員ホームページ紹介
会員専用
関連リンク
英語版
Policy of Chairman 会長方針 (2021〜2022年度)
会長 入江 恵資
2021〜2022年度
クラブ運営方針について

2021−2022年度 RI会長シェカール・メーター
テーマ:「奉仕しよう、みんなの人生を豊かにするために」 SERVE TO CHANGE LIVES

【ガバナーの行動指針】
For the dynamic Leaders of Futures with Rotary
〜 ロータリーとともに活力に満ちたリーダーを育てるために 〜

【地区運営方針並びに重点目標】
・RIテーマおよびロータリーの目標の達成を目指して、ロータリー活動を推進する。
・全てのロータリー活動が、リーダーとしての「人材育成」となることに重点をおく。
・重点分野のロータリー奉仕デー推進を支援する。
・ロータリーのプログラムを積極的に支援し、ロータリーと地域社会、世界とのつながりを深める。
・ロータリアンのロータリー並びにRIや地区への関心を高め、多くの会員の参画を求める。
・オンライン会合をサポートする。

【尼崎ロータリークラブ会長方針】
「現実を直視する」 
私は、毎年夏の一番暑い頃、翌年に何をするか考える時間を持つようにしています。
そして、決めた事が周知するように、わかりやすい言葉で表現をするようにしています。
もちろんこれは仕事上のことですが、今年はご縁があり、歴史ある尼崎ロータリークラブで
会長を務めさせて頂く頃になりました。

現実は概して厳しいものです。
目まぐるしい変化をする環境では、先ず現実を直視し、その事象が何故起こり、
これからどんな状況になることが予想されるのか、幾つかの仮説を立て、
それらに対応していかなければなりません。
その繰り返しが大変重要な事であると考えています。
コロナ禍は藤井年度から始まり、私の年度であしかけ3年、これからも続いていくでしょう。
この病気とずっと一緒に生活しなければならいという現実を直視した時、クラブの進め方も
この環境に 適応するのが重要になるかと思います。
広く皆様のお考えを聞きながら、コロナ時代の工夫をした一年にして参りたいと思います。

楽しい一年になりますよう努めてまいります。

この画面の最上部まで戻る