映画感想文


2004/4/22 スクール・オブ・ロック
試写会にて。
今日は、またまたみふブーさんのおこぼれを頂戴してのぞみと二人で大阪はIMPホールまで見に行ってきました。
はっきり言ってタダで映画が見られるから行っただけで全く期待してませんでしたが、大きな誤算です。
ジャック・ブラックが教師役で10歳の生徒たちとバンドを作るってんですから、脚本自体にはかなり無理が有りますよね、
しかもしかも、それでバンドコンテスト(しかもロックの。)に出るんですよ。有り得ません。
合う人と合わない人がはっきり分かれるんじゃないかと思います。
最初に乗れなければもう無理!みたいな。
僕のツボにめっちゃ入りました。
しかししかし、話的にはかなり強引でむちゃくちゃなんですが、乗りと熱さで押しまくる痛快作品に仕上がっています。
細かい設定なんか気にせず、大ボリュームで見たい映画です。
痛快な娯楽映画が好きな方、是非是非劇場へ足を運んでみてください。
画質、音質の良し悪しより、大ボリュームで、ろけんろーっ!100点だ〜〜〜!(ご)
テンポが良くて楽しい映画でした。スカッとしていて、後味の良い映画は久しぶりな気がします。
ただ、、、椅子が悪くてお尻が痛くて時間が長く感じてしまいました。85点。(の)
2004/4/18 I am サム
BSDにて。
これは見るときの気持ちがいけなかった。
結構、評判では泣ける映画と聞いていたので、なんとなく泣く準備に入ってしまったんだと思う。
そうするとやはり身構えてしまう分だけ泣けない…。
以前にも書きましたけど、結構涙もろいんで良く映画見て泣くんだけど、ちょっと今回はツボに入りませんでした。
映画としても、素直に見るよりやはりちょっと考えさせられる映画で若干もやもやしたものが心に残りました。
良い映画かどうかと問われれば良い映画であることに異論は有りませんが、面白かったか?と問われると言葉に詰まってしまいますね。
そうそう、ルーシーはめちゃめちゃ可愛かったです。その意味では必見です。
それにしても西洋人の子供って反則ですよ。
画質は素晴らしいです。音も頑張ってます。70点。(ご)
女の子がとっても可愛いのがこの映画のポイントになっていると思います。頑張っているお父さんの姿にもパチパチ!!70点。(の)
2004/4/17 キル・ビル Vol.2
試写会(大阪厚生年金会館芸術ホール)にて。
1でかなりはまったので、嬉々として見てきました。
まず、会場一時間前に到着したんですが、既に長蛇の列です。
その後も延々後に並ぶ人、人、人…。
もうね、その時点で疲れました…。
んで、取れた席は前から4列目のどセンター。
まあ、たまには自分とこのスクリーンサイズより視野角が広いのも良いもんです。
映画の内容ですが、1に引き続き、B級路線です。
ツッコミどころ満載。
主人公が危機を脱するシーンなど、こんなん有りかよって感じです。
それにしても殺陣のシーンはやはり外人にはあんまり似合いませんね。
なんか手足が長すぎて安定感に欠けるような気がします。
もう、サービス精神旺盛、盛りだくさんって感じで130分の長さを感じさせませんでした。
画質はコントラストが低く、あんまり高画質とはいえませんね。
しかしシュートレスは何時見てもいいものです。
音質もそれなり、それにしてもいつも思うのはホールや映画館のエアボリュームですね。
音量もあれだけ上げられるのはなんだかんだ言ってもすばらしい物です。
85点。(ご)
2004/4/17 キル・ビル Vol.1
DVDにて。
いや〜!これは僕的にはヒットでした。
別に期待はしてなかったんですが、Vol.2の試写会に行くことになったので、急遽出たばかりのDVDをレンタルしたんです。
かなりB級ですね。
B級映画を大金積んで作ったらこんなんなりましたって感じです。
ホントにカルトな方も、そうでない方も気軽に楽しめる映画ですよ。
リューシー・リューの「ここからは英語で話します。」はそんなの有り?って突っ込みました。
画質、音質共にB級テイストたっぷりで、あんまり良いものでは有りませんが、それが反対にこの映画にマッチしてて、良かったです。
まあ、ちょっとシュートが気になりますが…。
総合、90点ですな。(ご)
変な日本語にとっても笑える映画でした!!ちょっぴり勘違い?の日本も面白かった。
vol.2も見たいです。80点(の)
2004/4/11 13ゴースト
BSDにて。
ちょっとB級チックかな〜とは思いますが、僕的には結構楽しめました。
テンポ良く、90分程度で終わる映画なので気分転換にはかなり良いですよ。
また、舞台となる豪邸の造詣がすばらしいです。
映画の内容は神秘的でもないですけど、ディテールはかなり神秘的でそういうのが好きな僕にはかなり良かったです。
画質はもうかなり良かったです。音質も…。
僕的には85点ぐらいは有りますね。(ご)
2004/4/04 戦場のピアニスト
BSDにて。
昨年のアカデミー主演男優賞作と言うことでかなり期待して見た一作です。
実話が元らしいので地味な演出はまあしようがないかなというとこですが、それにしても盛り上がりに欠ける映画ですね。
エンディングも僕にとっては不完全燃焼…。
相性が良くなかったのかもしれませんね。
画質はかなり良いです。音質も結構いい感じ。65点。(ご)
2004/4/04 火の鳥「黎明篇」
BSDにて。
映画ではないのですが…。
@〜Cまでを一気に見ました。
僕はかなりの漫画好きだと思うのですが、基本的に日本のアニメはあんまり好きでは有りません。
と言うのも、原作の漫画を読んでる時って、声のイメージや展開のスピード等を自分の読むペースやイマジネーションで変換していると思うのですが、なんかアニメだとそういうことが出来ないのでなんかまだるっこしいのです。
しかし、久々にこれは見ておかねばと思い、エアチェックしました。
感想としては画質はかなり良かったし、音質もサラウンドして結構頑張ってました。
しかし、やはり原作の漫画を超えることは出来なかったのではないかな〜と思います。
初見であればもう少し印象は違うのでしょうが…。
全く原作を読んだことのない方はこういった形で漫画の神様、手塚治虫のライフワークに触れてみるのもいいと思いますよ。65点。(ご)
2004/4/04 スナイパー
BSDにて。
なかなか緊迫感のある映画で、その緊迫感を持続することに成功していると思います。
ただ、エンターテイメントとして見た場合、ちょっと楽しめないような気が…。
画質はそんなに飛びぬけてよくは有りませんが、濃厚な画で質感なんかが非常に出ていて好感が持てます。
音質はそれなりですね。60点。(ご)
2004/3/28 CQ
BSDにて。
ん〜、はっきり言ってあんまりですな。
見所はヒロインの美しさだけです。
八十数分の短い映画でしたが結構長く感じ、辛かったです。
画質、音質も狙いが60年代風の映像と言うことであまり良くないです。
監督がコッポラの親戚(甥?)だったのでちょっと期待したのにな〜。
40点。(ご)
2004/3/27 未来は今
BSDにて。
非常に映画らしい映画で面白かったです。
最初から最後まで退屈することがなかったです。
また映画の中の世界の雰囲気も、有り得ないんだけど有りそうな感じ?でそれを見るだけでも楽しくなります。
画質も上々、音も雰囲気豊か。
レコキンさんとこの808S+PALでノックアウトされてから、ちょっと自分とこの画を見るのが怖かったんですが、これはまあ悪くないかな?85点。(ご)


トップへ
戻る
前へ
次へ