富松神社
地図をクリック、富松地図で検索できます。
富松地図
富松地域略図
とまつは、大阪、神戸にも近い兵庫県尼崎市の北部に位置します。尼崎市南部は阪神工業地帯と商環境の優れた地域でありますが、ここ富松は、まだまだ田畑も残り、静かな住宅地が広がっている地域です。その昔、弥生時代の頃、富松は海にも近く、海上交通の要所であったのではないかとも言われ、留め津(津とは港を指す)が長い歴史の中で地名の呼び名が変わってきたのではないかとも推測されています。平安時代の荘園制度の頃には、藤原摂政家の荘園として富松庄が発展し、後に東富松村、西富松村に分離され戦国の歴史、農耕の歴史、文化とともに移り変り、繁栄していきました。残念ながら先の阪神淡路大震災で多くの土塀や昔からの面影のある家屋は損傷いたしましたが今もなお、街の彼方此方に昔の名残を発見できる地域です。この地図からは、すべての紹介は、できませんが要所を纏めておりますので是非、散策いただければ幸いかと思います。



『富松ひとめぐりマップ』
とまつ案内マップをご用意しています。
一城、一神社、四寺の紹介をはじめ、街の歴史の名残や
地域のまつり、伝説や遺跡をマップを片手に散策できます。

発行:富松21
協賛:鞄信地域振興財団

配布は富松神社でも差し上げてます。(無料)