富松城
富松(とまつ)城は、約500年前の室町〜戦国時代に築かれました。伊丹城と尼崎大物城との中間に位置し、西宮の越水城、瓦林城とともに境界防衛や連絡用の城として攻防の要となっていました。
戦国時代以降、幾多の戦火にみまわれ、現在の外観は一部の土塁と塀が残されただけで、城は樹木におおわれた小山の様子ですが、周辺道路工事の際、戦国時代の瓦や礎石らしきものが確認され、昔の歴史的な容姿が想定されます。(参照:尼崎市教育委員会)