歳旦祭
正月1日
元旦0時に火入れ式が執り行なわれる
午前10時より歳旦祭
午前10:30より山村啓雄先生らにより
能楽「翁」面掛け式が奉納されます。

11時より家内安全、厄除開運など祈願参拝受付
杜の祭祀
まつり
一年の祭りの始まりは、元旦の火入り式から執り行われ境内ではご神火が焚かれます。天照大御神が雨の岩戸にお隠れになる折、世の中が暗く闇に閉ざされた神話がございますが今の世も長い景気の不振、災い事などが起こらない様、地域社会の繁栄と人々の無病息災、家内安全をこのご神火に願いを託し一年の平穏を祈念しております。

一年を通じ、富松神社では様々な祭り事が執り行われています。ご祭神が素盞嗚尊である事から古くより土地が豊かで様々な作物が盛んに作られておりました。特に富松一寸ソラ豆は、この地域独特の粒の大きさで知られ、地域固有の特徴ある祭祀として斉行されております。また、節分祭も神仏習合のなごりから今も神社で執り行われ毎年2月3日には沢山の子供達や地域の人々で賑います。神社での祭りを通じ、また其々のご家庭での祭りを通じ 『まつり』本来の意義や古来からある云われを感じられ、お楽しみいただけたら幸いかと思います。


翁(おきな)はお正月や能舞台開きに演能され、年事の始まりという意味では、
意義深いものがあります。(平成12年度1月1日)



日待祭
1月14日午後5時より斎行 天照大御神の聖地を素盞嗚尊が乱暴、穢れを働き大御神がお怒りになり天の岩戸にお隠れになった為に世の中が闇に包まれた有名な神話。日待とは光、陽を待つ祭りと言えばなるほど・・・。明け15日には正月に家々に飾った神様を迎えた〆縄や門松等の飾り物を高天原に返す意でドンド焼きがおこなわれます。
福火(どんと)行事
富松のどんど焼は例年1月15日小正月の早朝7時より夕刻6時頃まで執り行われます。地方によっては、松の内が終わる1月7日や各神社の祭りにあわせて行われる所もあり、竹やワラで作ったどんど小屋であったり、田畑の中や学校で行われる所も多い様です。その名も「どんど」、「どんと」、「とんど」など地方によっては濁音のはいる部分が違う様です。左義長とも言います。
意義:お正月に神様を家庭などにお迎えする為に飾った注連縄や古い御札、お守りを高天原の神々の国にお返しする意があります。無病息災、五穀豊穣、家内安全を願い、どんどの火で暖まったり、どんど焼の火で鏡餅を焼いて食べるとか鏡餅や注連縄に使われた橙をお風呂に入れると、かぜをひかないとされています。
(注意事項)
最近、この神聖な行事であることの意味が誤認されており、正月で使った品物のゴミ捨て場のようになりつつあります。また、塩化ビニールなどダイオキシンの発生する環境問題の点から、当神社では古い神符と正月の注連縄(注連縄についているミカンなどは各家庭で処理して下さい。)のみにお願いしています。
御鏡もち、串柿、橙(だいだい)などは神様にお供えした神饌です。ご家庭で食べるものであり、福火に捨てるものではありません。何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。



節分祭
2月3日の厄除大祭 2月立春の前日 大般若経600巻転読と鬼やらいの節分祭。 昆陽寺一乗院の奉仕勤行による神仏合同厄災除を斎行する。 夕刻7時より節分豆まき行事が執り行われ、年男の赤鬼青鬼がそれぞれ地域の家々に繰り出し鬼やらいで家庭に福を招きいれます。平成12年度は星空の下、大勢の子ども達や家族そろって節分まめまきに参加され、福豆、福餅などにたくさんの福が授かります様にと、今年の願いを込めて福奉仕がされました。
富松の赤鬼青鬼は、午前中は、地域の尼崎北小学校や富松幼稚園にも出かけて行き、子ども達の成長を祈願し、又、夜は豆まきの後、地域にくりだし商店や家々に福が来ます様にとねり歩きました


・・・・・・・節分祭・・・・・・・
2月3日午後7時より神社
福奉仕:富松神社総代会
鬼奉仕:氏子青年会年男
警備:青年会、消防団
福受人:地域外含む多数



建国祭
2月11日(紀元祭) 神武天皇が大和橿原で御即位された日を(太陽暦2月11日)紀元節と定められた。建国の日として国旗掲揚、君が代斉唱をおこなっている。
祈年祭
3月1日 富松の地の穀物豊作と地域の生産の向上を祈願。当地域も大阪、神戸圏に近く年々田畑も住宅化し、農業に専従できる人も少なくなってきておりますが 武庫川流域の豊かな土地柄と農地を大切にする方々の努力もあり、田畑が維持されております。



一寸豆まつり
5月吉日 豊かな富松の土地にできる一寸ほどのソラ豆をお供えし、郷土の平安とバランスのとれた地域の発展を祈願している。古くは富松地域の特産物として全国に出荷されていました。残念ながら昨今の土地の宅地化により畑は激減し自家用だけを 栽培していましたが、作農家の努力により一寸豆と自然の恵みに感謝する農耕の心を永く子ども達に伝えようと今では一寸豆農地で子ども達も種まきから豆作りに参加しております。
当日一寸豆祭り神事と一寸豆の豆振舞い、桂米朝一門の勢朝氏による豆芝居(落語)が催され、富松地域の歴史や由縁を探る講演会も催されます。

5月17日午後1時:神社

奉賛者:富松作農家20人

協力:富松豆保存研究会
兵庫県中央農業技術センター
企画PR豆振舞い:
富松神社氏子青年会



夏越祓6月30日
夏越祭7月16日
稲作の作業が風水害や虫の害なく暑い夏を無事に過ごせるようにと祈願します。また、半年の罪、穢れを祓い無病息災、家内安全を祈願します。

愛宕火祭
8月24日 防火、 火の神様 火之加具土神 の祭り。 夕刻より 祭祀を執り行い火災のない地域の安全祈願と火の恵みに感謝します。


富松薪能
7月26日 神様に能を楽しんでもらいます。夏の日照りや風水害のない様願いながら杜に集う人々も伝統芸能を鑑賞します。。地域の能楽師山村啓雄先生の御協力により例年7月26日夕刻より開催し、解りやすい説明もまじえ誰でも楽しめます。(無料)

主催:富松薪能の会
    山村雄研社
後援:尼崎市
    尼崎市教育委員会





秋例大祭
10月10日 地域の生産性、秋の稔りを感謝する秋の大祭。
当社の秋祭は、一時質素化されましたが数年前より神賑わい行事である子ども神車の30年ぶりの復活や提灯の大規模献灯、有志(氏子青年会、子ども会、宮前本通り振興会、ボーイスカウトなど)による模擬店も出店され、平成10年度より稲名野笹原発祥のとまつ麦わら踊りも復活され年を重ねる毎に地域が一体となった賑わいをみせております。
「行事」
●10月10日
 ◇大神楽奉納・・・・・・・・・昼の部 午後2時〜5時
           ・・・・・・・・・夜の部 午後6時〜8時
●体育の日(10月第2日曜日)
 ◇献茶式(梅本宗和会奉仕)午後10時
 ◇こども神車(だんじり)曳行(氏子青年会奉仕
  ・・午前10時〜(前日午後7時より宵宮曳行)
 ◇むぎわら音頭(踊り奉納)午後1時45分〜2時25分
   有志による富松地域に伝承された「むぎわら音頭」の奉納



七五三詣り
11月15日 3才5才の男児と3才7才の女児の成長を喜び、氏神様のご守護に感謝と今後の成長を祈ります。国内の少子化は、誠に残念な傾向ではありますが地域の住宅の増加や子供への愛か例年、早い時期からお参りされ、家族揃ってお祝いされる方々が多い様です。子供達の服装も一時期の洋装から最近は羽織、袴、着物といった日本的な容姿になりましたが、貸し衣装でのお参りも多く経済的な簡素化というのも近年の七五三詣りの別の意味での特徴である様におもいます。

大祓祭
12月31日 一年の罪、穢れを祓う意で大祓いを斎行。
有志による境内清掃も行われ、とまつの杜は平穏な年を迎えようとしています。


富松神社 社務所 兵庫県尼崎市富松町2丁目23の1

Copyright 1995−2003 tomatsu-jinjya. All Rights Reserved.