記事一覧

【ザ・シチズン、オリエントスター、グランドセイコー】日本の高級時計ブランド3選

【ザ・シチズン、オリエントスター、グランドセイコーグランド セイコー 偽物】日本の高級時計ブランド3選

おそらく「ロレックス」「オメガ」「タグホイヤー」あたりを思い浮かべる方が多いと思います。

実際のところ、日本で行われたとある調査結果によると、時計ブランドの認知度ベスト3は上記ブランドのようです。

では、「日本の時計ブランドと言えば?」という質問だったとしたらどうでしょうか?

多くの方は「セイコー」「シチズン」「カシオ」を思い浮かべるかもしれませんね。

セイコーやシチズンの時計は学校やオフィス、街中などの公共用時計としても多く存在していますし、カシオは時計ブランドではないものの「G-SHOCK」の存在が大きく、多くの方が知るところでしょう。

さらに時計好きの方であれば、これに加えてたくさんのブランド名が出てくることだと思います。

しかし実際には、【日本人の5割以上が時計をしない?】機械式時計を持つと起こるかもしれない3つのイイことでも書かせていただいた通り、日本においては腕時計離れが著しく、時計ブランドの多くは知られていないのが現状です。

そこで今回は、先述のブランド以外にも、日本には世界に誇る時計ブランドがあるということを書かせていただこうと思います。

1. ザ・シチズン
スーパーコピー n級 代引き

ザ・シチズンは1995年に誕生した、シチズンの高級ラインのブランドです。

身に着ける人の人生に永く寄り沿う腕時計であることを目指し、理想とする「精度」「品質」「デザイン」「ホスピタリティ」に絶えず挑みつづけています。

ラインナップとしては、世界最高精度を誇る「年差1秒エコ・ドライブ」をはじめとする光発電時計やクォーツ式時計が充実しており、特に精度に関しては世界でも抜きん出た実力を持ちます。

ザ・シチズンでは時計の心臓部でもあるクォーツ(水晶振動子)の選定に6ヶ月以上の時間をかけ、さらに1年間の気温変化でも精度を落とさないために1日に1440回の温度補正を行う機能を搭載するなど、極限まで精度と向き合うことでこれを実現しています。

また、視認性を高めるため、シンプルなデザインに徹しつつも、職人の丁寧な作業によって極めて上質で高級感のある仕上がりになっている点も特筆すべき点でしょう。

もう一点言及しておきたい点として、ザ・シチズンから11年ぶりに新作機械式ムーブメントを搭載したモデルが今年誕生したことが挙げられます(shirokuma_watch_japanさんの写真の時計がその機械式モデルのうちの1本)。

機械式モデルもエコ・ドライブモデルやクォーツモデルと同等、あるいはそれ以上のクオリティに仕上がっており、今年の時計界において間違いなく注目すべき一本だと思っているのは私だけではないはずです。

ザ・シチズンには、日本人ならではの真摯さ、実直さ、道を追求する精神のようなものが宿っていると感じます。

まさにブランドのロゴともなっている鷲のごとく、遥か先を見つめ理想を追い求め続けるビジネスマンにおすすめのブランドです。

2. オリエントスター
スーパーコピー n級 代引き

オリエントスターは、1951年にオリエント時計株式会社から「輝ける星」をイメージして誕生したオリエントを代表するブランドです。

70年という長い歴史を持つオリエントスターは、つねに「着ける悦び」「魅せる喜び」「繋ぐ慶び」の3つの「よろこび」を追求した時計づくりが息づいています。

日本の時計ブランドとしては非常に珍しく、いつの時代も絶えず機械式時計を作り続けており、そのラインナップは多岐にわたります。

さらに特筆すべきは、どのモデルも一貫して”らしさ”が溢れているということです。

例えば、10stone_ston16さんの写真のセミスケルトンでは、文字盤の9時位置がオープンワークになっており、機械式ムーブメントの心臓であるテンプを見ることができます。これはメカ好きな方にとってはたまらないギミックでしょう。

さらに、12時位置のパワーリザーブインジケーターも他ブランドではなかなか見ない位置です。

その他にも、機械式ムーブメントをフルに鑑賞できる「スケルトン」や、複雑な機構を手頃な価格で楽しめる「メカニカルムーンフェイズ」、「レトログラード」など、どれをとっても「よろこび」を追求した時計であることがわかります。

手頃な価格でありながらも上質かつユニーク、腕元で時を刻む楽しさを教えてくれるブランドは世界広しといえども滅多にあるものではありません。

世界でも稀有な”ファンウォッチ”メーカーである同ブランドが、世界中のファンから長く愛されているのも頷けます。

人とは少し違うユニークな時計が欲しい方や、時を刻むよろこびを感じたい方におすすめのブランドです。

3. グランドセイコー
スーパーコピー n級 代引き

グランドセイコーは1960年に誕生したセイコーの高級ラインナップで、2017年から完全に独立したブランドです。

1960年当時、高級時計市場を独占していたのはスイス製の時計でした。

これら外国勢と戦えるようにと、最高品質を目指した日本クラフトマンシップの結晶ともいえるブランドがグランドセイコーです。

グランドセイコーの外装の大きな特徴の一つが「ザラツ研磨」と呼ばれる手法の磨きです。

針やインデックス、時計の本体や尾錠に至るまで磨きが凄まじく、室内の照明下でさえ、凛とした光を放ちますが、これはザラツ研磨と1960年代に確立された”セイコースタイル”と呼ばれる光を最大限に意識したデザインコードによる賜物です。

まさに美術館に展示されている日本刀のような、一級品の美しいオーラと輝きを感じることでしょう。

世界から賞賛される、特徴的な文字盤を持つモデルが多いのも大きな特徴の一つです。

例えば、arata_tsudaさん写真にあるSBGH267は、同社のムーブメント「キャリバー9S」の20周年を記念した限定モデルですが、文字盤にはグランドセイコーの「G」「S」と、初の10振動モデル「45GS」を生み出した第二精工舎の「S」マークの3種が幾何学的に並んでいます。

あるいは「THE NATURE OF TIME」というコンセプトのもと、日本の自然美やうつろいを文字盤に表現しているモデルも多く、まさに文字盤に描くアートのような美しさです。

ムーブメント面においても、”年差クォーツ”と呼ばれる、年間で誤差+/-10秒という高い精度を持つクォーツ式ムーブメントや、ロレックス コピー 代引き高い技術力を要する機械式ムーブメント、両者の配合モデルで他ブランドには真似のできない唯一無二の”スプリングドライブ”など、多様なラインナップが充実しています。

凛と輝く綺麗な時計が欲しい方や、しっかり感がありつつも確かな個性のある時計が欲しいという方におすすめなブランドです。

【関連記事】:https://bbs.aimaye.com/

ちょっといい時計が気になり始めたら──初めての「機械式」に最適な『シチズン シリーズエイト』とは!?

ちょっといい時計が気になり始めたら──初めての「機械式」に最適な『シチズン シリーズエイト』とは!?

スーパーコピー n級 代引き

【シンプル&モダン】それは、関ジャニ∞じゃなくて“シリーズ∞”です!
シチズンが8月3日に「Series 8」(シリーズエイト)を発売開始。

「Series 8」は2008年に発表された「シチズン シリーズエイト」を前身とする新コレクション。スーパーコピーブランド後払代引き工場直売専門店「シチズン シリーズエイト」のデザインテーマであった「引き算の美意識」をそのまま引き継ぎつつ、クォーツ式から機械式へと変更したのが特徴です。

また、優れた耐磁性能を備えた新開発ムーブメントにより、第2種耐磁性能を実現。スマートフォンやPC、タブレットなど磁力を発する機器に囲まれた現代のライフスタイルに適応させているのが素晴らしい長所です。

そしてそんな「Series 8」について、開発デザイナーからお話を聞くことができてしまった、というのが今回のハイライト。もちろん、「Series 8」のすべてのモデルのご紹介もいたします。

ということで、どうぞじっくりと。「Series 8」の魅力を存分に味わって下さいませ。

Series 8(シリーズエイト) 870 メカニカル

スーパーコピー n級 代引き

「Series 8」のアイコンラインで、2体構造のベゼルが特徴。ブレスレットをあえて粗めのヘアライン仕上げにしているのも目を引く魅力のポイントです。

Series 8(シリーズエイト) 870 メカニカル
シチズン CITIZEN 機械式 腕時計 シリーズエイト Series8
自動巻き、SSケース、ケース径40.8mm、SSブレスレット、10気圧防水。22万円

Series 8(シリーズエイト) 870 メカニカル
シチズン CITIZEN 機械式 腕時計 シリーズエイト Series8
自動巻き、SSケース、ケース径40.8mm、SSブレスレット、10気圧防水。22万円

Series 8(シリーズエイト) 870 メカニカル
シチズン CITIZEN 機械式 腕時計 シリーズエイト Series8
自動巻き、SSケース、ケース径40.8mm、ウレタンストラップ、10気圧防水。20万9000円

Series 8(シリーズエイト) 830 メカニカル
シチズン CITIZEN 機械式 腕時計 シリーズエイト Series8
白蝶貝と金属メッシュを重ねた3層構造のダイヤルが大きな特徴。また、独特の8角形ケースが「Series 8」のスピリットである「∞(無限)」をより際立たせているのも見どころです。

シチズン CITIZEN 機械式 腕時計 シリーズエイト Series8
金属板に白蝶貝と金属メッシュを重ねた3層構造ダイヤルを採用。

Series 8(シリーズエイト) 830 メカニカル
シチズン CITIZEN 機械式 腕時計 シリーズエイト Series8
自動巻き、SSケース、ケース径40mm、SSブレスレット、10気圧防水。19万8000円

Series 8(シリーズエイト) 830 メカニカル
シチズン CITIZEN 機械式 腕時計 シリーズエイト Series8
自動巻き、SSケース、ケース径40mm、SSブレスレット、10気圧防水。20万9000円

Series 8(シリーズエイト) 831 メカニカル
シチズン CITIZEN 機械式 腕時計 シリーズエイト Series8
8角形ケースにシンプルなダイヤルを組み合わせたスタンダードライン。ローズゴールド色(メッキ仕上げ)ケースをラインナップするのも特徴で、ブルーダイヤルとの組み合わせが洒脱です。

Series 8(シリーズエイト) 831 メカニカル
シチズン CITIZEN 機械式 腕時計 シリーズエイト Series8
自動巻き、SSケース、ケース径40mm、SSブレスレット、10気圧防水。13万2000円

Series 8(シリーズエイト) 831 メカニカル
シチズン CITIZEN 機械式 腕時計 シリーズエイト Series8
自動巻き、SSケース、ケース径40mm、SSブレスレット、10気圧防水。13万2000円

Series 8(シリーズエイト) 831 メカニカル
シチズン CITIZEN 機械式 腕時計 シリーズエイト Series8
自動巻き、SSケース、ケース径40mm、ウレタン+カーフストラップ、10気圧防水。13万2000円

もうちょっと読みたい方は~
旧ホームページの説明文
http://hccweb1.bai.ne.jp/ss_es/t2.htm

ただし、使用方法に関しては、こちらの説明を優先ください。

【ロレックスにオメガに】じわじわ増えてる、愛用腕時計ツインリストショット集!

今週もソウルメイトのみなさんのおかげで順調に投稿が増えております♪

これからもみなさんの愛用時計をたくさんご紹介していきますのでどしどし投稿してくださいね。

さてさて、今週は最近腕時計好きさんの間でよくお見かけする「ツインリストショット」特集です。ツインリストってナニソレ⁉という方。

ご自身の左腕にですね、お気に入りの腕時計を2本乗せていただき、右手で携帯を持ってパシャリ。(左利きの方はぜひ右手に時計を乗せて……。)ハイ、それがツインリストショットの正体です(笑)。

オーデマ ピゲ、パテック フィリップ、ショパール、ロレックス、オメガと人気ブランドが勢揃いです。それでは張り切ってどうぞ!

スーパーコピー n級 代引き

ロレックス「コスモグラフ デイトナ」のツインリストショット。

左はターコイズカラーが美しいデイトナビーチ「116519NR」、右はプラチナ製の「116506」ですね。アイスブルーのダイヤルに敷き詰められたダイヤがゴージャスな一本です。

デイトナビーチって2000年に発表された当時、話題を呼びましたよね。

次にご紹介するのはmasurao_sanさんの投稿。

@masurao_sanさんのInstagramより
パテック フィリップのグランド・コンプリケーション・クロノグラフ「5270」とカラトラバ・パイロット・トラベルタイム「5524」。プラチナとホワイトゴールドのモデルが二つ並ぶなんとも豪華な共演ですね。

次にご紹介するのはjounetsu7hiroyukiさんの投稿。

@jounetsu7hiroyukiさんのInstagramより
こちらはショパール初のラグジュアリースポーツウォッチとして大人気の「アルパイン イーグル」のツインリストショット。左のシルバーダイヤルはドイツの名門時計宝飾店ヴェンペの別注モデル「Alpine Eagle Wempe 5th Avenue Edition」。世界限定40本。右の通常モデルはシックなグレーが印象的ですね。アルパイン イーグルのケースとブレスレットに使用されている「ルーセント スティール A223」はゴールドに匹敵するまばゆい輝きなんですよね。どちらのモデルも美しいです。

次にご紹介するのはtoshi.nascar88さんの投稿。

@toshi.nascar88さんのInstagramより
オメガ スピードマスターのツインリストショット。

左が「スピードマスター プロフェッショナル 東京2020 リミテッドエディションズ」のグリーン。右は2021年の新作、Cal.3861を搭載する「スピードマスター ムーンウォッチ マスター クロノメーター」とお見受けします。どちらも人気の高いモデルですね。

最後にご紹介するのは____mm7_____さんの投稿。

@____mm7_____さんのInstagramより
こちらはオーデマ ピゲのツインリストショットですね。

左はホワイトゴールドとピンクゴールドのコンビネーションが美しい自動巻きの「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ クロノグラフ」、右は「ロイヤル オーク オートマティック」型番は「15500」。こちらもとても素敵な組み合わせです。背景に時計が溶けこむような美しいショットには目を奪われますね。

ツインリストショットの投稿たち、いかがでしたでしょうか。

また次回も素敵な投稿や、面白い投稿をご紹介したいと思います、お楽しみに♪

もうちょっと読みたい方は~
旧ホームページ説明文
http://hccweb1.bai.ne.jp/ss_es/speed.htm

ただし、使用方法に関しては、こちらの説明を優先ください。

【ブランパン】アイコニックな「フィフティ ファゾムス オートマティック」および 「フィフティ ファゾムス ラージデイト」がチタン製ブレスレットで登場。

ブランパンスーパーコピー n級アイコニックな「フィフティ ファゾムス オートマティック」および 「フィフティ ファゾムス ラージデイト」がチタン製ブレスレットで登場。

スーパーコピー n級 代引き

65年以上前に初のモダンダイバーズウォッチを発表して以来、ブランパンは、最新の素材と時計製造技術を組み合わせて革新を続けている。今年、ブランパンはアイコニックなフィフティファゾムスからチタン製ブレスレットを備えた3つのモデルを発表。これらの新作モデルはスポーティーかつシックな魅力を放ち、優れた性能と軽量さが際立つ。


5015-12B30-98B

フィフティ ファゾムス コレクションは、ブランパンが初のモダンダイバーズウォッチを発表した1953年にまで遡る豊かな伝統に基づいている。フィフティ ファゾムスは、アバンギャルドな技術とデザインの特徴により傑出していた。ブラックのダイヤルに配された夜光塗料が塗布された大型のアワーマーカーや針、堅牢性、防水性、そして安全な回転ベゼルのすべてが、すぐに時計製造産業全体のベンチマークになった。ブランパンは、ダイバーズウォッチの定義においてパイオニア的役割を果たす一方で、タイムピースの製作において革新的な素材をいち早く採用してきた。実際、ブランパンがチタンを採用したのは、アメリカ海軍掃海艇チームのために「MIL-SPEC II」モデルの特別シリーズを製作した1960年代初めまで遡る。その証拠が2015年のオークションでブランパンが購入した「アメリカ海軍」のタイムピース。銅、亜鉛、ニッケルの非磁性合金であるニッケルシルバー製のケースに、チタン製ケースバックが取り付けられており、このケースバックは確実に耐圧を高めるために採用されている。当時、チタンは主に航空宇宙産業のために確保されており、時計製造産業ではほとんど見られなかった。ブランパンはおそらく、この素材で時計を制作した最初のマニュファクチュールである。


5050-12B30-98B

「フィフティ ファゾムス オートマティック」および「フィフティ ファゾムス ラージデイト」は、ブランパンの歴史と革新の伝統を反映している。際立った軽さが特徴の新しいチタン製ブレスレットは、大変な労力を要する一連の組立てと仕上げの工程から生まれる。手作業によるサテン仕上げのリンクを結合するようにピンが貫き、手首に滑らかでしなやかにフィットする理想的な着け心地を実現。特許取得済みのシステムによって、通常は横にあるネジがリンクの後ろ側に配置されているので、ブレスレットのエッジは滑らかな外観と感触を実現している。これらの技術の組み合わせによってケースとブレスレットがシームレスで一体になっている。続いてウォッチを象徴するダイヤルに注目。スーパールミノバ®が塗布されたアワーマーカーや針がいかなる環境でも高い視認性を実現し、耐傷性の高いサファイアインサートの逆回転防止ベゼルなど、ダイビング機器の特性をすべて備えている。


5015-12B40-98B

30気圧(約300m)防水で45mmのチタン製ケースを備える「フィフティ ファゾムス オートマティック」および「フィフティ ファゾムス ラージデイト」にはそれぞれ、自社製ムーブメント1315および6918Bが搭載され、これらのキャリバーはシリコン製ヒゲゼンマイの採用によって耐磁性を備え、連結した3つの香箱により5日間の十分なパワーリザーブを実現する。時計の緻密な仕上げは、サファイアクリスタルのケースバックから眺めることができる。

「フィフティ ファゾムス オートマティック」は、ブラックまたはブルーのサンバーストダイヤルから選ぶことができる。「フィフティ ファゾムス ラージデイト」はブラックダイヤル。これらの軽量で堅牢なモデルは、スポーティーでエレガントな時計を好み、日常使いできる大きめのタイムピースでありながら軽やかなデザインを求める人々を間違いなく魅了することだろう。

■お問い合わせ先
ブランパン ブティック銀座
TEL. 03-6254-7233