トップページに飛ぶ


2004年
10月2日(土)おめでとう
中日ドラゴンズ
優勝、おめでとう。(名古屋の木村さん、ほんとうにおめでとうございます)

イチロー
大リーグシーズン最多安打記録更新、おめでとう。オリックスに戻ってきて欲しいなぁ。

パラリンピック
過去最多のメダル獲得、おめでとう。でも、足の不自由な人達の競泳で、両手の人と片手の人が、同じ条件と言えるんだろうか? こんな大会にまで、ドーピング問題が出るってのもねぇ。

10月3日(日)常任理事国
国連改革の一環として、常任理事国の拡大機運が高まり、日本・ドイツ・ブラジル・インドが名乗りを上げている。で、当然のように、対立国が反対。韓国・イタリア・メキシコ・パキスタン。どう考えても国力が違うのだが、大嫌いな隣人の出世は阻止したいってのは人情だね。
で、実はインドネシアも常任理事国入りに名乗りを上げている。日本の新聞などには載ってない。これも当然で、現時点でインドネシアの常任理事国入りを支持しているのは、東ティモールのみだから。相手にされてないってこと。

まあ、どうせ、国連改革は不可能だろう。既存の常任5カ国が既得権確保のため、「うん」って言わないだろうから。

10月5日(火)女子中高生が2500名
飲み会が多くて日記の更新が不定期になる。金も減るし、体調も悪くなる、さらに、嫁さんの機嫌も悪くなる。

さて、今日のタイトルだけど、何の話かっていうと、久美子の学校の運動会。一昨日あったんだけど、女子高で中高合同開催だから、凄い数。これに保護者などで総勢7000名強。学校からの招待状が無いと会場に入れない。
で、これだけ人数がいると出番はごくわずか。さらに、数が多すぎてどこにいるのかさえわからん。嫁さんがビデオで必死に探してた。組み体操の土台と、大玉送りで玉に手が触れたかどうかってだけの出番だったけど。久美子本人は何か凄くうれしそうで、ニコニコしながら一日を過ごしてたみたい。

10月6日(水)体脂肪
TANIA の体重計(正式名称は、体組成計インナースキャン)を買ってきた。4人分のデータ登録できるやつ。久美子の体脂肪率33.3%。笑ってしまった。1/3 は脂肪かよ。大トロだな。でも、これでもぎりぎり「標準」なんだよな。なんか、この体脂肪ってやつは女性に甘いような気がする。

体脂肪以外に、内臓脂肪・筋肉量・基礎代謝とかも計れるんだけど、よくわからん。

10月7日(木)ライブドア
楽天のバックには読売など既存球団があると言われている。監督候補も読売系で解説者やってる掛布だし。楽天にとっても、商売敵のライブドアを叩き潰すチャンスだと考えての出馬だろう。と、私も思っている。

でも、考えてみれば、ライブドアは、最初から「売名行為」が目的であり、赤字確実のパリーグへの参入など考えていないはず。そこへ楽天が名乗りを上げ、しかも、あからさまな「潰し」に出てきたんだから、実は、もううれしくて仕方ないんじゃないの。世論でも「堀江はうさんくさいけど、なんか可哀想」って意見が多くなっているみたいだし。楽天は少なくとも数年間は、10億円以上の赤字を球団経営で抱えることになる。

ここは、ライブドア株を買いだな。知ってるかな、株式市場で最も安い売買単位の株が、ライブドアだってことを。今なら400円で買える。(当然、1株単位でもっと安い株はいくらでもあるけど、売買単位が100株とか1000株が一般的。ライブドアはこの単価で1株単位で買える。)

近々、新コーナー開設予定。題して「プチ株大作戦」。

10月9日(土)誕生日
42歳になっちゃった。ついにバカボンのパパより年上になってしまった。

帰国したら携帯電話を買い換えてやると久美子に約束してたので、買いに行ってきた。んだけど、私、凄い勘違いをしてた。日本の携帯電話って、新規契約だと何でも1円だと思ってたんだよね。それが、久美子が選んだのは、au のWIN用で「W21S」。20,800円。死んだ・・・・・。 1円のにしろって言ったんだけど、もう友達にこれを買うって言いまわってるので絶対に買ってくれと。

イズミヤで、二人同時加入なら2000円引き+イズミヤカードで5%引き+ポイントカードで2%還元(後日)ということで、私が1円の機種でauに加入し、結局、17,502円で購入。もちろん、学割を使うためにWINは私が入ったこととして(WINは学割が効かない)、久美子は通常のCDMA1Xということで。まあ、店のお兄ちゃんにはバレバレだったんだけどね。
で、私の入った分は嫁さんが使うことになり、なぜか、私は久美子の使っていたTU-KAを引き継ぐことに。

10月10日(日)交代要員
インドネシア駐在の交代要員問題。何度か打ち合わせがあったんだけど、結論として、「誰もいない」ってことに。急遽、求人することになった。今のご時世、まあ何人か「経験者」が応募してくると思うけど、入社してすぐに赴任できるわけもなく、メーカーゆえの技術的知識(最低限、商品構成や使用目的など)の教育期間が必要。来年4月の赴任を目途に後任を決めることとなった。今から半年後だけど、その間は私が日本から適宜出張して繋ぐ、ということで。

とりあえず方針が決まったので、18日からインドネシア出張。これは10日間だけ。目的は引越しと「例のあの人」のアテンド。鬱陶しいなぁ。

10月11日(月)久美子が怒られた理由
私が帰国した先月29日、嫁さんが朝から激怒していた理由。(すっかり、書くのを忘れてた)

久美子が、その2週間ほど前に嫁さんに「ドラゴンボールの漫画を買っていい?」と聞いた。嫁さんは「あんた、全部で何巻あると思ってるの? いくらお金が要ると思ってるの? それに、そんなのどこに置くの?」。 久美子はシュンとなって諦めた・・・・・・と嫁さんは思ってた。

が、久美子はなんと、42巻まとめ買い(^^)。約1万7千円。それを、こっそりと机の下に隠してた。のを、私が帰国するので、朝から家中を大掃除してた嫁さんに見つかったってわけ。

しかしまぁ、知恵が足らんというか、こんなもん、どうやって隠し通すつもりだったのか。嫁さんの逆鱗に触れ、貯めていた小遣いは全額取り上げられ、今後は欲しいものがあれば、すべて申告制で小遣い支給。まあ、普段の学校での間食や付き合いように、1500円/月は支給されるようだけど。

10月12日(火)強気のダイエー
何なんだ、この強気の源は? 主力3行から債権放棄の条件として再生機構の利用を迫られながら、あくまで、民間主導で再建を目指すと。でも、銀行は債権放棄してください、って。
銀行団が再生機構に拘る理由はわかる。不良債権から健全債権に分類が変わるんだから、なにがなんでも再生機構を使いたいだろう。これは良いとして、なんでダイエーは民間再建に拘るのかがわからん。銀行団が何を言おうが、「法的整理」しないと踏んでるのかな。確かに、法的整理したら銀行団の損失は大きい。でも、来年3月までに不良債権を半減させなきゃならん銀行団としては、「法的整理」で損失を出してでも、不良債権を消すほうを選ぶかも知れないとは思わんのかな。で、再生機構を利用した場合のデメリットは何か。

現経営陣の退陣。これだけのような気がするのだが。この高木社長のおかげで、プロ野球再編は混沌としちゃったし、変な人だよなぁ。そんなにまでして、ダイエー社長に拘る必要って何なんだろう?

昨日のプレーオフの敗北とともに、ダイエー本体も敗北宣言すべきだと思う。見苦しい。

10月13日(水)やっぱり野球は人気があるね
オレ VS レオ
なんか興味わかないなぁ。なんせ、関西在住の虎ファンにとっては、去年の阪神VSダイエーがベストの組み合わせだから。

監督
楽天が田尾で、ライブドアがオマリー。ちょっとインパクト弱いような。取手ニ高の元監督とか、江川にしたら受けるかも。

プレーオフ
確かにダイエーVS西武の最終戦は面白かった。でも、やっぱり変だよ、この制度。で、思いついたのが「変則前後期制」。一応、年間130試合として65試合を前期とする。んだけど、優勝が決まった時点で前期は打ち切り。残り試合は後期に組み込む(よって後期の試合数は当初未定)。こうしたら、前期の消化試合は無い。これで、前期と後期の優勝チームがプレーオフ。

MVP
パリーグはやっぱり三冠王の松中だろ。オリンピックもプレーオフも関係ないから、松坂は無い。セリーグは川上で決まりかな。

10月14日(木)何がなんやら
ダイエーがギブアップしたと思ったら、西武の堤オーナーが辞任。この西武グループだけど、めちゃくちゃ卑怯な会社なんだよな。コクドという非上場会社(資本金はたったの1億円強)を持ち株会社のようにして、グループ全社(西武鉄道、プリンスホテル、西武ライオンズ球団など)の過半数(プリンスホテルや球団は100%)の株を所持。で、コクドの株は堤オーナー個人が大多数を所持している(一説では90%強)。コクドを上場しないのは、当然のことだけど、経営判断を堤さんが独断で行えるようにするため。これに加え、コクドはなぜか10年近くずっと赤字経営で税金を納めていない。「合法的脱税」企業グループとして有名だったりする。

これで、ダイエー、西武の2球団に身売りの可能性が出てきた。ロッテがダイエーを買収して、西武は日本ハムが吸収。パリーグが一気に3球団になっちゃう。ここに、ライブドアと楽天の両方が参入しても、1個足りないぞ。出てくるのか、yahooの孫さん。

10月16日(土)忙しい
月曜から出張なんだけど、飲み会やなんやかんやで忙しい。昨晩も午前様。今日は今日とて、借りてた「踊る大走査線2」のビデオを見て、ハリポタの5巻の下を読む。さらに、嫁さんまでau買ったからTU-KAを解約に行ったし、ずっと捜してた「アシベ」の7巻をブックオフで見つけて歓喜したりと。今は今で、日本シリーズをテレビで観てる。この後、「エンタの神様」は見ないといけないし、録画した「あたしん家&しんちゃん」も寝るまでに見ないといけない。なんせ、明日は明日でイベントがあるから。

明日は昼からお出かけ。久美子が夢にまでみた「聖地」へ行ってくる。

10月17日(日)♪ホンワカホンワカホンワカ・・・・・♪
NGK=なんばグランド花月。行ってきました。公演時間、約2時間半。

漫才
キングコング、チャンバラトリオ、大木こだま・ひびき、宮川大助・花子、中田カウス・ボタン

漫談(落語じゃないよ)
桂 きんし

マジック
ニコラス・ナイト

吉本新喜劇
吉田ヒロ、桑原和男 他

会場は満員。もう、笑った笑った。きんしの漫談があんなに面白いとは思わなかったし、チャンバラトリオで久美子が大笑いするとも思わなかった。さらに、ニコラス・ナイトって外人のイリュージョン。あれ、生で見ても全然、タネわからん。どっから、あの女性は現れるんだ?まあ、他の漫才と新喜劇は、いつものパターンだったけど、それでも、会場は大爆笑(^^)

基本的に、こんなところにこんな日に3500円〜4000円も払って来る客ってのは、「笑うために来てる」んだよね。楽しかった。また行こう、っと。

明日から、インドネシアとシンガポールへ2週間ほど出張。とりあえず、明日は更新お休み。

10月19日(火)映画評論
ジャカルタ行きのJALの機内で3本映画観た。やっぱりジャカルタって遠いなぁ。

スパイダーマン2
こんな映画が興業収入1位とかになるアメリカって国は本当に・・・・・。まあ、これは国民の嗜好の問題でレベルの問題じゃないか。それにしても、この主人公。めっちゃ貧乏。正統派ヒーローもので、こんなに貧乏な主人公は他に無いだろ。

海猿
内容は、どこにでもある青春ドラマ。舞台を海上保安庁にしているだけで、誰でも書けそうなシナリオだった。それでも泣けるんだけど、英語の字幕が・・・・・。海猿って「SEA MONKEY(シーモンキー)」だよ。なんかウジャウジャと湧いてきそう。読者の中にも飼ったことのある人がいるはず。

ハリーポッタと賢者の石
アンコール上映だそうだ。さすがに第1作、みんな可愛い。ところで第5巻を日本で読んだけど、いつもの「どんでん返し」が無くて消化不良。ここで、これからのタイトルを予想。

第6巻 : ハリー・ポッタと闇の帝王
第7巻 : ネビル・ロングボトムと真の予言

10月20日(水)やっぱり暑いな、インドネシアは
例のあの人
社内の隠語で「例のあの人」と呼ばれている取締役事業部長(私が名づけ親だ)。昨夜、インドネシアに到着後、さっそく飲みに。海外流刑処分中だから、荒れまくっているのかと思いきや、いたってご機嫌さん。理由は帰国許可が出たから。右目が靄がかかったみたいだってんで、バンコクの病院で診断を受けたら、「白内障」だったそうで、来月、日本に帰って手術するとか。
カラオケで、女の子達から「社長さん、社長さん」と呼ばれて、超ご機嫌。このまま、私が帰国するまでご機嫌でいてくれたら良いのになぁ。

ユドヨノ新大統領
今日が就任式。代理店の社長が熱烈なファンで、事務所にテレビを持ち込んで、就任式を見てた。さて、いつまで続く、この熱狂。熱しやすく冷めやすい国民性だから、年内持つかな?

台風
何個目だ? 毎回、「超大型」。久美子はたぶん、学校が早く終わって喜んでいるような気がする。

インドネシア人の疑問
インドネシアには台風は無い。で、事務所の女の子の質問。「台風って、天気予報で進路がわかるでしょ。だから地震と違って、来る前に避難とか準備できるよね。なんで、人が死ぬの?」

10月21日(木)断食
今、インドネシアは断食月。で、今年の風俗産業やアルコール飲料の規制はと言うと、ディスコなどの風俗産業は営業禁止、カラオケは夜中12時までの営業は認める。アルコール類は、店の独自の判断に任せる。というもの。

昨年までのような「アルコール飲料の販売はホテル以外、全面禁止」より設置は緩やかなんだけど、これはこれで大変、日本料理店でも判断が分かれており、飲める店と飲めない店が並存状態。19日に居酒屋で問題なく酒が飲めたので、昨晩は確認をせずに高級鉄板焼き料理店へ。が、アルコールは出せないと。代理店の社長達もいっしょで予約を入れていたので、やむをえず、コーラを飲みながら食べた。

せっかくのロブスターやサーロインのステーキが・・・・・・・・。

10月22日(金)栄養費再び
流行語大賞には絶対にならんだろうけど、「栄養費」。一場君、巨人に続いて横浜からももらっていたことが発覚。さらに、明大の元監督が「阪神からももらってるだろう」と発言。凄いな。たった一人の野球バカ大学生が、名だたる企業の3名のオーナーを辞職に追い込むことになる(阪神はどうなるかわからないけど)。

逆指名とか自由獲得枠ができてから、みんなもらってるんだろ。こういうのがあるから、どうしても、再編問題でも選手会側を応援できん。一場だって、巨人の裏金が判明したときに、横浜・阪神のことも正直に言ってれば、ここまでダーティなイメージにならずに済んだのに。スケープゴートにされた感もあるけど、同情の余地無しだな。

10月23日(土)震度6強
って、半端じゃないよ。阪神大震災被災者だから言える。新潟県の地震、今、NHKはずっとそのニュース。昨日までは、ずっと台風のニュースだったのに。自然災害だらけだな、今年は。明日の朝になって、被害の大きさに驚くことになるだろうな。

日本って、もしかしたら、人が住むような土地じゃないんじゃないのかな。どっかに集団移住した方が良いような気がする。

10月24日(日)引越し作業
面倒くさいよぅ。まず、引越し用ダンボールってのが市販されてない。仕方ないので、代理店に頼んで中古のダンボールを5箱用意してもらった。で、この組み立てがまた問題。なんせ、セロテープしかないから。これでグルグル巻きにして組み立て。底が抜けそうな気がしないでもないが、仕方ない。
ここに日本の自宅へ送るもの(書籍や服)を詰めていく。これで3箱。次に代理店に預かっておいてもらう分(ファックス機器や電気蚊取り線香など、時期駐在員が決まったら譲るもの)、代理店のお姉ちゃん達におすそ分けするもの(食器や調理器具)と仕分けしながら梱包していく。

インドネシア語のコミックが100冊以上あるのだが、それは代理店に「○○文庫」ってな感じで寄贈。後は山のようなゴミ。古くなった商品のサンプルとか、とりあえず置いといた書類など。この書類とサンプルの仕分けに時間がかかった。

結局、ダラダラやってたら丸二日かかった。まあ、この引越し作業を理由に、この土日は取締役の相手せずに済んだんだけどね。ほんとうに、あの人、何しに来たのかわからん。客や代理店へ行っても、話が浮いてるから、客も「この人、何しに来たの?」って感じ。おかげで、私まで何しに来たかわからん。

10月25日(月)チキチキ
あるいは、「ジキジキ」。これ、こちらではSEXを意味する隠語なんだけど、てっきりインドネシア語のスラングと思っていたら、どうも違う。インドネシアでは、これは日本語だと思っている人が多い。で、ネットで調べたら、やっぱり同じように疑問に思っている人達がいて、インドネシアのみならず、マレーシア、フィリピン、インド、ネパール、はてはスペイン、ペルーでまで使われていると。

で、語源として有力なのが、英語のスラングで体を上下に振る卑猥なダンスをさす「JIG」。これが繰り返され「JIG JIG (ジグジグ)」→「ジキジキ」となったという説。これで決まりかと思われたのだが、「現代スラング英和辞典」によると、jig-jig,zig-zig両方が載っていて、意味は両方とも「二次大戦時外地の兵隊が性交の現地語を重ねて造った造語の一つ」と、あるって話。

そこで再び有力になったのが日本語説。日本軍が現地の女性を買いに行くときの「直(じき)に行きます」という隠語が元だという説。なのだが、これ確認のしようが無い。本当にそんな隠語が使われていたのか。

誰か詳しい人、教えてください・・・・・って、いないわな。

10月26日(火)新潟中越地震
死者はこれからも日々増えていく。今後、さらに仮設住宅ができることによる「孤独死」などが問題になっていく。毎日のニュースを見ていて思うのだが、経過が約10年前の阪神大震災と同じなのである。結局、行政は何も学んでいないってことかな。まあ、自然災害なので、あんまり政府や行政を責める気持ちは無いが。

阪神大震災当時、私は伊丹に住んでいて、両親は神戸の東灘に住んでいた。うちの被害は食器や本棚、それと当時4歳だった久美子のドキンちゃん(アンパンマン)のお面くらいだったが、実家は全壊。良く生きてたなぁってのが両親からその夜、電話をもらったときの感想だった。当日の朝から、車で実家に向かったが大渋滞でギブアップ。で、翌日、おにぎりと水を自転車に積んで4時間かけて実家を訪問したのだが、とにかく不足していたのは食料ではなく、水(飲料水ではなくトイレを流す水)と、カセットコンロのガスだった。新潟もすでに寒くなりつつあり、これから老人の衰弱死を防ぐには、水と暖房機器である。また、支給される食料にも大きな偏りがある。クリームパンなどの菓子パンが中心で、お年寄りは食欲が無く食べられないものも多かった。

どうしたら良いのかな。インドネシアのように川にトイレを作っていれば水の問題は無いんだけどね。

10月27日(水)バックパッカー
地震報道ばかりで詳細がわからないのだが、イラクでアホな日本人バックパッカーがテロ組織の人質になったようだ。何しに行ったのかわからんが、「敢えて言おう、カスであると」。解放交渉もしなくて良いんじゃないの? 日本の政府やマスコミが黙殺すれば、テロリストも彼氏に同情して解放してくれるかも。親が泣いてるぞ、全く。

10月28日(木)駐在終了
今朝、アパートから荷物を出し、シンガポールへ移動した。終わった。3年半に渡ったジャカルタ駐在が今日で終了。いろいろあったけど、まあ、楽しかったかな。

ところで、シンガポールの空港が異常なまでの厳戒態勢なのだが、何なんだろう。飛行機を降りたら、いきなり手荷物検査とボディチェック。それも半端じゃない。金属探知機のゲートを通ると、100%の確率でブザーが鳴る。感度が良すぎる。
サイフの中のコインはもちろん、時計、ベルトのバックル、ジーパンの金属製ボタン、はては、タバコの銀紙の包装紙まで鳴る。平均で2度はゲートをくぐらされる。多い人は4回通ってた。さすがに、乗客は不満タラタラ。この検査で30分は時間潰されたんだから。

10月30日(土)最悪の結末
朝、5時半に関空に帰還。インドネシア駐在の後任がいないので、当面は日本をベースに私が出張ベースでカバーすることになる。まあ、11月一杯は日本でのんびりと仕事するけどね。誰か、途中入社しませんか? インドネシア駐在員候補として。

条件
年齢25歳〜40歳くらい。
英語もしくはインドネシア語可。 
駐在期間3−4年。

なお、ボーナスは出ないかも知れませんが(^^ゞ 給料も恥ずかしいのでここには書けません。

さて、イラクで殺害されたと報道されたバックパッカー君。死体の特徴が違うとして、一転、「死体は幸田君ではない」とマスコミが大報道。となると、この死体は誰なんだ? それと、このバカな「自分探し」とかしてたガキの両親はどう思っているのだろうか? 最高の結果はもちろん「生存」だ。しかし、「銃殺死体」は最悪の結末ではない。今回の「誤報」どおり、銃殺死体で見つかった、という結末で終わった方が良かったんじゃないのかな。

誘拐殺人犯どもが、「この人質は役に立たん。単なるバカだ。放っておけ。」ってことで、人質が解放されることを願う。とにかく、「最悪の結末」だけは見たくない。

10月31日(日)だからイラクになんか行くなって言ってるんだよ
人質事件は最悪の結末を迎えた。本人は「自業自得」でも、親はたまったもんじゃないよ。親にとっては、子どもが一生、例の3バカのように世間から批判されようが、生きていて欲しかったと思う。生きていさえすれば、なんでも取り返しがつく。バカだったってだけで、人を殺したわけでもなんでもない青年なんだから。

一般人のクビを切断するような奴らは、「猟奇殺人集団」だ。そんな奴らがうろちょろしてるような国へ、一般人は行くなってことなんだよ。