トップページに飛ぶ

目指せシスアド

1999年
4月8日(木)システムアドミニストレータって何
この秋の初級シスアドの試験を受けることにしました。動機は「なんとなくかっこいい」からです。これから、不定期にこのコーナーに、私が勉強したことをアップしていきます。結果として、このコーナーがシスアド攻略ページになる予定です。
そうです、あなたは「ふしダン3?」を見に来たついでに、このページを見るだけで「シスアド」に合格するかもしれないんです。こんなタメになるホームページって他にありますか。

今、横でうちの嫁さんが、「試しにこれだけを読んで試験を受けにいってあげよう。」と言ってます。

ところで、シスアドって何?って人は、http://www.jitec.jipdec.or.jp/ を見にいってください。私も実はあんまりよくわかってないんですが、パソコンに関する国家資格で一番簡単に取れそうな気のする資格です。
では、これから10月17日まで、共にがんばりましょう。

4月9日(金)続システムアドミニストレータって何?
昨日の説明と公式ページだと何のこっちゃわからん、というお手紙が2通もきてしまいました。
簡単に説明します。
「シスアド」試験は、会社の総務部や営業部などパソコンを利用する部署に所属し、パソコン活用を指導する技術者のための資格です。従来からあった情報処理技術者試験(情報2種とかいうやつ)は、企業のコンピュータ部門の技術者向け試験ですので、根本的に違います。
だから、試験の内容はプログラム言語ではなく、ハード・ソフトの知識やインターネット・マルチメディアの知識、さらには表計算やデータベースの問題が主です。また、パソコンの知識以外に、簿記や会社の仕組みなんかの一般常識も求められます。

とにかく、文系の私に取れるチャンスのある唯一のコンピュータ系資格です。これでいいかな?

4月11日(日)シスアドのカリキュラムと試験問題
初級シスアドのカリキュラムは5つに分かれています。ここから出題されるそうですが、けっこう出題範囲は広いんです。

1.仕事とコンピュータ
2.エンドユーザコンピューティング(EUC)
3.基幹業務システムとの関わり
4.システム環境整備と運用管理
5.EUC推進のための表現能力

試験は午前と午後に分かれてまして、どちらも150分づつです。午前問題は、短文4択だけそ80問もあるので悩んでいる暇はありません。分からない問題は飛ばしてでも、どんどん解答していく必要があります。午後問題は、長文問題であり用語よりも読解力が求められます。かなり複雑な計算問題なんかもあるようです。
合格の目安として、75%を正解する必要があると言われています。確実に合格するには、80%の正解率が求められるようです。しかし、考えようによっては、20%つまり5問に1問は間違えてもいいのです。しかもマークシートなので、「カン」で正解するかも知れません。心配することはありません。何とかなりますよ。
 
4月12日(月)シスアドは文系向きか理系向きか
題名のような質問がありました。結論は「どっちでもない」だと思います。平成9年度の午前の問題から、少し例題を載せてみます。

問2:会計帳簿に記帳しないものはどれか。
ア:交通事故によって社有車が全壊した。
イ:債権者から債務を免除された。
ウ:事務所を借りるための賃貸借契約を取り交わした。
エ:所有している建物が火災によって焼失した。

問21:現在開発中のシステムをユーザの立場で、ブラックボックス法によってテストを行うことになった。変数Aの有効な範囲が1<A<999であるとき、限界値分析で仕様するテストケースとして、正しいものは誰か。
ア:-1,0,1,999,1000,1001
イ:0,1,2,998,999,1000
ウ:1,2,3,996,997,998
エ:2,3,4,996,997,998

問28:10Vの直流電源で動作する消費電力50Wの携帯パソコンがある。10W,50AHの電池で稼動されるとき、連続で何時間動作するか。ただし、使用する電池の電圧、電流は最後まで一定とする。
ア:1
イ:5
ウ:10
エ:50

ね。全然わかなんいでしょ。いいんです、今は全然できなくても。半年後には、こんなの「屁」とも思わなくなりますから。たぶん(^_^;)。
ちなみに、答えはウ、イ、ウの順です。

4月17日(土)明日は春の試験日
先日、問題をアップしてから、誰も何にも言ってこなくなりました。それはそうと、明日はシスアドの春の試験日です。受験者が急増しているため今年から年2回試験日が設定されています。このページの読者の中にも受験する人がいます。がんばってください。

さて、このページの学習プログラムは下記のとおりです。
4月:こんな感じで適当に。
5月:仕事に関する基礎用語
6月:パソコンの基礎用語
7月:お休み
8月:表計算とデータベース演算
9月:システムとネットワークの基礎用語
10月:直前模試

初級シスアドに限らずマークシート式筆記試験というものは、基本的に受験者の知識の量を問う試験です。英語の筆記試験を考えていただければわかるように、勝負は単語や熟語をいかにたくさん覚えているかにかかっています。午後の長文問題にしても、日本人が日本語を読むわけですから、用語の意味がわかれば読解力とかいうのは何とかなるんじゃないでしょうか。
ですから、ここでは徹底的に用語を覚えていこうと思っています。大学試験に例えれば、国立の2次試験や私学受験の勉強は必要ありません。共通一次試験(センター試験)の学習を思い出してください。とにかく広く・浅くです。
シスアド受験の参考書なんかには、「用語を知っているだけでは解けない問題が90%以上である。」とか、「ケーススタディー型問題が多い。」などと、受験生を不安がらせる分析がよく載っていますが、心配することはありません。特に午前問題なんて、150分で80問もやらされるんですよ。1問にかけられる時間はたったの2分弱です。こんなので複雑な問題なんて出題してきませんよ。

4月20日(火)応援メール
情報1種、情報2種を取得された方からの応援メールが各1通とどきました。アドバイスなんかもあって嬉しいかぎりです。他にも試験当日バックレた(エスケープした)思い出のある方から、「草葉の陰から見守っている」とのいやがらせメールも届いています(^O^)。

うちの嫁さん(レティコ)は、この間アップした3問を全問正解した(うち2問は勘)ので、もう受かったつもりでいます。自動車の免許の筆記試験と同じレベルで考えてます。この能天気さが、合格のキーポイントかも。

ところで、簿記の知識が必要と書きましたが、厳密に言うと簿記の知識など要りません。例えば、この間の問2を例にとりますと、答えは、家計簿を考えればわかります。現金も財産も変動しないものは、帳簿に記す必要がないんです。答えの「ウ」は賃貸契約をしただけで、その時点では現金も財産も全く変動していません。
さらに、技術的な問題と言っても、問21を考えてみてください。用語(限界値分析)で、ギブアップしてませんか。1から999までが有効範囲ですから、そのテストは0から1000でやればいいんです。そうでしょ。そういう、論理的な思考方ができれば大丈夫です。

確かに問28は、V, W, AH の記号(単位)の意味がわからなければお手上げです。でもね、4択だから正解する確立は25%もあるんですよ。さらに、時々選択肢にどう考えても間違ってるとしか思えないものもありますので、実際はもっと確率は高いんです。自分の第6感を信じましょう。

さあ、加藤さん、ぐっちさん、あきらめないでがんばりましょう。

4月21日(水)受験者の感想
先日の春の試験を受けた人の感想が届いたのでアップします。

「まず内容ですが、はっきり言って難しくないと思います。勉強してればかなり簡単に思えると思います。僕の場合あまり勉強して無かったので、多少苦労しましたが。問題集を見てるよりも、簡単に思えたほどです。
時間についても、2時間半ずつのテストで、僕は午前午後とも、1時間45分ほどで終わり、そのまま退出してきました。1時間くらいで退出してた人もいるので、僕がとりわけ早いというわけではないです(午前が4人目くらいで、午後が7人目くらいだった)。また、今回の会場では一部屋50人くらい入れて、欠席者は10人ちょっとくらいでした。受講者の年齢はやはりかなり高いみたいで、僕と同じ年齢くらいの人は、(同じ部屋で)5,6人くらいでした。ちなみに僕の前が、39歳の女の人で、隣の人が31歳の男の人でした。」

なんで、周りの人の年齢がわかるんだろう。ちなみに、この人はある国立大学の理系の大学院生です。

4月24日(土)合格基準
国家試験っていうのは、正確な合格基準というのが発表されていません。そのため、合格発表があるまで「ドキドキ」しながら待たなければなりません。初級シスアドの場合は、正解率75%が合否のボーダーラインと言われています。と言う事は、午前問題80問中60問正解で75%です。もし、あなたの正解が60問くらいなら、2ヶ月後の合格発表まで眠れない夜を過ごさなければなりません。
これは心臓に悪いので、あくまで80%以上の正解を目指しましょう。

まあ雑談はそろそろお終いにして、まじめに勉強するためにも参考書を購入する必要があります。近所の本屋では選択肢が少なすぎるので、大阪か神戸に買い出しに行くことにしました。用語集と問題・解説集の2冊を購入する予定です。

4月30日(金)準備万端
今日、三宮まで行ってシスアドの本を買ってきました。まあ、いろいろ売ってる事。どれが良いのかよくわからなかったので、一番小さくて安い本を買ってきました。問題集は、まだ今年の春問題が収録されてなかったので、夏頃まで待って買う予定です。
嫁さんは、そんな鬱陶しいことチンタラやってないで、実践第一でどんどん過去問題を解いて行くべきだと横で言ってますが、まあ、とにかく準備は整ったので、明日からは勉強開始です。