トップページに飛ぶ



台湾(日月潭)編
2017年 1月21日~1月22日



2017年

 1月21日(土)
 毎年、旧正月前に1週間弱台湾を訪問している。目的は代理店の忘年会への参加。台湾企業にとって忘年会は年間最大のイベントとも言われ、全額会社経費で全社員や、社員の家族、客先などを招いて豪華食事会やテレビや現金の当たるビンゴ大会などが開かれる。うちの会社は台湾に販売代理店が3社あるのだが、今年は日程がうまく折り合い4泊5日で3社の忘年会に出席することに。で、これが最後の1社の忘年会なのだが、今年は1泊2日で台湾中部にある観光地、台湾最大の湖である日月潭に行くことに。温泉のある5星ホテル滞在で。

 すでに2件の忘年会をこなし体調の悪い中、朝、8時半に台北駅の新幹線乗り場に集合。今回は、代理店メンバー7名、家族9名と、香港人1名、中国人1名、米国人(華僑)1名、そして私の20名。台中まで約50分。まあ、大阪→名古屋くらいの感じ。ちなみに、台湾の新幹線は絶対に遅れないと言われており、絶対的に信頼されている。というのも、技術は日本+ドイツだし、なんと言っても雪が降らない。

 台中駅からはチャーターした観光バスに。目的地である日月潭に行くまえに、「921大地震」の震源地へ。この大地震は、台湾では20世紀最大の地震と言われ、死者・行方不明者 2,444名、負傷者11,306名を出し、台湾全土が揺れたと言われている。なんせ、台北でもビルが崩壊したくらいだから。





このあたり一帯が記念地として保存されている。






傾いたまま保存されており、中に入ることもできるのだが、歩きにくいことこの上ない。

この近くの土産物屋で、ゆで卵(1個/10元=約40円)を食べて、再びバスに。

台湾省南投県にある日月潭に到着。台中駅を出発したのが10時前で今は午後1時。直行したら1時間らしいが。すぐにホテルで昼食。バイキング形式なんだけど、和洋中なんでもありで、酢牡蠣や焼きタラバガニまである。しかも、ビールと日本酒が飲み放題。。。

午後2時、ホテルをバスで出発し、遊覧船乗り場へ。


対岸など2箇所経由で約3時間の遊覧観光。景色は流石に綺麗だった。





この写真に写っているのは同行していた香港人(夫)と中国人(妻)夫妻。香港人がドイツメーカーの香港法人社長で、奥さんは日本留学経験もある中国人才女。この女性にいろいろ中国語を通訳してもらって助かった。なんせ、私以外は全員中国語で会話してるからね。

ところで、なんで「日月潭」と言うか? 英語だと「SUN MOON LAKE」。次の絵を見て欲しい。




この上から見た図が、左側が三日月で右側が太陽に見えるんだそうだ。台湾人には。。。。。




湖の中央に見づらいけど直径10メートルも無い小さな島がある。拡大してみると、



で、ポケモンGOを起動させて見ると、



ジムがあってカビゴンが居る。




岸からだとジムが遠すぎて届かない。遊覧船でも届くのは一瞬なので、どうやってもこんな高CPカビゴンは倒せない。と言うか、これ「位置偽装」だろ!! 

とかなんやかんやで、ホテルへ戻ったら夕方6時。宴会は7時からなので、ホテルの部屋(8階)で温泉の湯に浸かりながら、写した風景。



下手なんだよね、写真撮るの。この後の宴会は10時で終わり自部屋で爆睡。1等10.000元(約4万円)のビンゴゲームは社員の楽しみなので、来客4名は対象外。その代わりに、お土産をくれる。パイナップルケーキとかカラスミとかね。

1月22日(日)
私は今日の夕方の便で日本へ帰らないとダメなので、朝食後、皆とは別れて1人タクシーで台中駅へ。新幹線を待つ間に昼食を取ろうと思って、台中駅構内をうろちょろしていたのだが。。。。








並んでるお店が、「山崎パン」「まいどおおきに食堂」「ロイヤルホスト」「モスバーガー」「丸亀製麺」「セブンイレブン」など、日本のお店ばっかり。回転寿司もあるし。なお、一番行列ができていたのは「丸亀製麺」だった。

新幹線で台北に戻り、タクシーで荷物を預けているホテルへ。そこからホテルタクシーで桃園空港まで行き17:40発のエバー航空で関空へ帰国。自宅へ着いたら夜の11時。で、明日は朝から名古屋出張。 休み無しだよ。と、言うと、嫁さんと久美子が口を揃えて、「ずっと休みみたいなもんやん」。。。。。

以上