Osaka Shion Wind Orchestra
シネマミュージックコンサートin伊丹



2018年11月17日(土曜日)
開演14時(開場13時30分) 
会場:大ホール
【出演】
Osaka Shion Wind Orchestra
Osaka Shion Wind Orchestra Websiteはこちら(外部サイト)
【指揮】
井村 誠貴


181117shion_zisyu.jpg■チケット 7月26日(木)発売!
一般3,000円
高校生以下1,500円
親子ペアチケット(一般+高校生以下)4,000円
(税込)[全席指定]→LinkIcon客席図
※4歳以上のお子様からご入場いただけます。


LinkIconチラシ拡大


日本3大吹奏楽団の一つ、日本最古の歴史と伝統を誇る、最高峰の吹奏楽団
今年95周年を迎えるプロの吹奏楽団Osaka Shion Wind Orchestraによる、オール映画音楽プログラムのコンサート。
マイ・フェア・レディなど懐かしの名画から、ラ・ラ・ランドなど最新のヒット映画まで、名曲の数々をお届けします。



予定曲目

ハリウッド万歳

駅馬車

マンシーニ・ベスト・セレクション
 子象の行進 ~ ムーン・リヴァー ~ ハタリ

踊り明かそう
 映画「マイ・フェア・レディ」から

ウエスト・サイド・ストーリー・メドレー
 アメリカ ~ トゥナイト ~ マンボ

ミュージック・オブ・マイ・ハート

ヴィクターの物語
 映画「ターミナル」から

パイレーツ・オブ・カリビアン・メドレー
 黄金のメダル ~ ジャック・スパロウ ~ デイヴィ・ジョーンズ ~ 彼こそが海賊

ラ・ラ・ランド
 アナザー・デイ・オブ・サン ~ プラネタリウム ~ エンゲージメント・パーティー ~
 シティ・オブ・スターズ ~ サムワン・イン・ザ・クラウド

※やむをえない事情により、曲目等が変更になる場合がございます。予めご了承ください。




チケット販売所 7月26日(木)発売!

●東リ いたみホール窓口販売:7/26(木)9:00~
●東リ いたみホール電話予約(TEL.072-778-8788):7/26(木)14:00~※残券ある場合のみ
※通常受付時間9:00~21:30(火曜日休館・火曜日祝休日の場合は翌日休館)
ShionチケットセンターTEL.0800-919-5508):7/26(木)10:00~
※受付時間10:00~17:30(土日祝を除く)
ローソンチケットTEL.0570-084-005) [Lコード:53489]7/26(木)10:00~
チケットぴあ(TEL.0570-02-9999) [Pコード:121-093]:7/26(木) 10:00~ 

※東リ いたみホール初日販売会場は地下1階多目的ホールです。その後2階事務所で販売します。
 対面販売のため、座席選択まで長時間かかる場合がございます。予めご了承ください。
※前売券完売の場合当日券の販売は致しません。
※車椅子席は東リ いたみホールのみの取扱いです。
※反響板使用のため、1階席最前列は6列目となります。
※2階席へのエレベーターはございません。大ホール入場後、中の階段をご利用ください。

プロフィール

Osaka Shion Wind Orchestra
(オオサカ・シオン・ウィンド・オーケストラ)
Shion.jpg1923年(大正12年)に誕生以来 『Shion(しおん)』の愛称で親しまれている交響吹奏楽団。2015年3月に「大阪市音楽団」より「Osaka Shion Wind Orchestra」と改称。クラシックからポピュ ラーまで誰もが楽しめるコンサートを展開し、各都市での演奏会や吹奏楽講習会、CD録音など、幅広い活動を通して音楽文化の向上と発展の ために力を注いでいる。これまでに3度の大阪文化祭賞、日本民間放送連盟賞、日本吹奏楽アカデミー賞演奏部門賞、大阪芸術賞、なにわ大賞を受賞。2014年4月より宮川彬良が音楽監督、秋山和慶が芸術顧問に、2017年4月より西村友が正指揮者に就任。
http://shion.jp/(外部サイト)


井村 誠貴
imuramasaki.jpg1994年大阪音楽大学コントラバス科卒業。在学中よりオペラ指揮者として各地で研鑽を積み、これまでに菊池彦典氏をはじめ、多くの日本を代表する指揮者のもとで アシスタント・コンダクターとして多くの公演に携わり高い評価を得ている。オペラレパートリーも50演目を越え、主要作品の他にも、オペレッタや邦人作品 の初演にも力を注いでいる。中でも喜歌劇楽友協会におけるJ,シュトラウス「ウィーン気質」の邦人初演は注目を集め、高い評価を得ている。2001年には年間オペラ公演回数が日本人では第4位に入るなどオペラ指揮者としての地位を確立。また同年イタリアに留学。現地ではAs. Li. Coの北イタリア・オペラ公演ツアーに同行し、副指揮者として高い評価を得た。
管 弦楽では、京都フィルハーモニー室内合奏団を中心にコンサートを定期的に行う一方、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、京都市交響 楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪交響楽団等を客演。また岐阜県交響楽団、大阪市民管弦楽団等との定期演奏会を客演指揮するなど、アマチュアオー ケストラの分野においても貴重な存在となっている。さらに大阪市音楽団、ナゴヤディレクターズバンド等の吹奏楽団との関係も深く、その分野でも注目を集め ている。近年はミュージカルにも活動の場を広げ、1999年の「ラ・カージュ・オ・フォール」(市村正親)を皮切りに、「マイ・フェアレディ」(大地真 央)、「レ・ミゼラブル」(山口祐一郎)、「ペテン師と詐欺師」(鹿賀丈史)、「The Musical AIDA」(安欄けい)、「キャバレー」(藤原紀香)のロングラン公演を成功させライヴCD及びDVDを 発売。また、岩崎宏美や、ダ・カーポ、佐々木秀実、夏川りみといった実力派シンガーとの共演も多く、コンサートでの軽妙なトークも話題となっている。ま た、「浪速のモーツァルト:キダ・タロー」の作品の編曲も手掛け、キダ・タローとのコンサートも話題となっている。その活動の幅は指揮活動だけにとどまら ず、オペラ演出、企画構成、さらには編曲者としての活動も著しくマルチな才能を発揮。2011年には、岐阜3000人の第九を成功に導くなど、多方面で大 きな役割を担っている。2014年には、自身の企画により『ベートーヴェン振るマラソン!』と題して、全9曲の交響曲を一日で指揮。クラシック音楽にとら われない幅広いジャンル、年間200公演近くに及ぶ実績と、繊細且つダイナミックな 指揮は、多くのファンを魅了し続けている。
指揮を、湯浅勇治氏をはじめ、松尾葉子、広上淳一、辻井清幸の各氏に師事。
現在、オーケストラMFI指揮者。関西音楽人のちから『集』代表。



■主催 :公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市、公益社団法人大阪市音楽団
■後援 :伊丹市教育委員会、伊丹市吹奏楽連盟、東阪神吹奏楽連盟
■企画制作:公益社団法人大阪市音楽団





▲ ページトップへ