ともしび歌声喫茶コンサート


2018年6月29日(金)
開演14時(開場13時30分)
会場:6階 中ホール
【出演】(歌、司会)寺谷 宏、清水 正美
     (ピアノ、アコーディオン)田口 順子



180629tomoshibiutagoe_zisyu.jpg■チケット チケット好評販売中!
前売1,500円
当日2,000円  (税込)[全席自由]
<歌集レンタル代別途100円>
※定員200名(先着順)
※就学前のお子様は保護者1名につき1名膝上鑑賞の場合無料。お席が必要な場合は有料。



初めて会ったどうしも歌い交わして64年目。
新宿のうたごえ喫茶ともしびが、東リ いたみホールにやってきます。
さあ、歌集を手に取り、リクエストを出し合って、おなかの底から歌い交わしましょう。
会場の一体感を楽しんで下さい。会場内、飲み物(ソフトドリンク)持ちこみ自由です。


LinkIconチラシ拡大


歌集掲載曲目(当日歌う曲目はリクエストにて決定)

♪夏の思い出
♪灯
♪あの素晴らしい愛をもう一度
♪百万本のバラ
♪青い山脈
など


プロフィール


歌声喫茶ともしび
tomoshibi.jpg1954年、東京新宿の食堂で自然にうたごえが響き、それは歌声喫茶ともしび(当時は「灯」)の誕生となりました。
戦後復興の生き生きとした息吹を受け、歌声喫茶は人々の希望と願いがこめられ、ステージリーダーと一緒に、みんなで歌い交わす歌声は生きあう力ともなりました。
東京だけでも20件ほどのうたごえ喫茶が生まれ、国民的ブームともいわれました。その後閉店が相次ぎましたが、コマ劇場裏「灯」では、従業員達が、歌声喫茶を発展させよう!とお客さまのご支持をいただき、歌声喫茶の灯をともし続けました。


ともしびHPはこちら


寺谷 宏
teratanihiroshi.jpg歌手(テナー)・うたごえ喫茶司会者

1958年大分県豊後高田市生まれ。九州を転々とし、大自然に囲まれて育つ。法律家を目指し東京大学法学部に在学中に「うたごえ喫茶ともしび」に出会い、またたくまに魅了され、1988年入社。声楽家水野賢司氏(東京音楽大学教授)に師事し21年。ロシア民謡・ドイツ歌曲・日本歌曲・童謡からオペラアリア・カンツォーネ・シャンソンまで幅広いレパートリーを持つ。
うたごえ喫茶ともしびの中心的歌手・司会者として、新宿にある店の他、全国の出前うたごえ喫茶で公演。2000年より、ロシア・ラトヴィア・リトアニア・カナダ・デンマーク・ドイツ各国とのうたごえ交流ツアーを企画・同行。ともしび合唱団講師。
主なCD:
「黒い瞳 ~平和とロマンを歌う~」
 *広島平和資料センター・沖縄県立図書館所蔵
 *NHKラジオジャーナル、ラジオ深夜便にて収録曲放送。
「ハンセン病裁判闘争の歌 うばったのは誰」




清水 正美
shimizumasami.jpg歌手(ソプラノ)

ともしびの中心的歌手。声楽を大倉由紀枝氏(二期会)に長く師事。日本の歌・オペラアリアからシャンソン・ポピュラーなど、その幅広いレパートリーと説得力のある歌唱には定評がある。「金子みすゞ作品集」(大西進作曲全512遍)全曲連続コンサートに2度取り組み、ライフワークの一つとした。2007年カナダ・トロント日系文化会館での演奏は絶賛を得た。CD「清水正美の世界1~7」を含め、ソロCD多数。近年、男声ア・カペラグループ「BabyBoo」との共演の機会を増やし、ともしびの公演活動の幅を広げている。この夏、「三世代で歌い交わす」を提唱するCD「虹 なないろの声に囲まれて」を出版。





田口 順子
taguchijunko.jpgピアニスト・アコーディオン奏者

東京都調布市出身。アコーディオンを土生英彦氏に師事。ともしびの子ども向け作品及び「うたごえ喫茶ともしび」の中心的伴奏者。愛器を抱えて、日本各地にとどまらず、カナダ・中国・ベトナム等海外へも身軽に飛んでいく。








チケット販売所 チケット好評販売中!

●東リ いたみホール窓口販売:3/29(木)9:00~
●東リ いたみホール電話予約(TEL.072-778-8788):3/29(木)14:00~ (※残券ある場合のみ)
  ※通常受付時間9:00~21:30(火曜日休館・火曜日祝休日の場合は翌日休館)

※前売券完売の場合当日券の販売は致しません。  
※車椅子の方は、介助者1名無料。

■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市、ともしび音楽企画




▲ ページトップへ