billboard01.jpg


HOME > イベントのご紹介 > 自主事業 > 田尻洋一トーク&ピアノコンサートシリーズ in 伊丹 vol.76「哀しみのモーツァルト」 ~アンサンブルグランツとともに~


田尻洋一トーク&ピアノコンサートシリーズ in 伊丹 vol.76
哀しみのモーツァルト
~アンサンブルグランツとともに~


終了いたしました

2018年2月25日(日)開演14時00分(開場13時30分)
伊丹アイフォニックホール(伊丹市立音楽ホール)
【出演】田尻洋一(ピアノ)(田尻洋一オフィシャルウェブサイトはこちら)
     アンサンブルグランツ
     (Vl)小倉浩晃、木村修子、中野裕子、時本さなえ
     (Va)野村初葉、田中洋子
     (Vc)宮田 侑
     (Cb)小倉充子
     (Ob)橋爪恵梨香


■チケット
一般:3,000円
学生(小学生以上):2,500円
シルバー(60歳以上):2,500円
子ども(4歳以上):1,500円
(税込)[全席自由]→LinkIcon客席図



作曲家の人生観や楽曲のエピソードなどのお話を交えての田尻洋一の人気トーク&ピアノコンサートシリーズ。
今回は、神童・モーツァルトプログラムを特集し、小編成オーケストラ、アンサンブルグランツと共演。
泣いているモーツァルト
涙に溢れたモーツァルト
短い人生を駆け抜けたモーツァルト…
有名な短調のピアノ協奏曲を一挙にお届けいたします。


プログラム

<オール・モーツァルト・プログラム>
幻想曲ハ短調 kv396 (ピアノソロ)
ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調
ピアノ協奏曲 第24番 ハ短調
※曲目は都合により変更させていただく場合があります。


プロフィール

田尻洋一(ピアノ) YOICHI TAJIRI
コンサートピアニスト。桐朋学園大卒後、渡欧して天才イディル・ビレット女史の唯一の弟子として研鑽。96年より古典、ロマン派主要作曲家のピアノ作品全曲演奏という世界でも類を見ない偉業を敢行。これまでにベートーヴェン32ソナタ全曲演奏会を4度、モーツァルト・シューベルトピアノソナタ全曲、及びシューマン・ブラームスピアノ作品全曲演奏会は2度開催。12年には独自編曲によるベートーヴェン9交響曲全曲演奏を完遂。
日本各地でのリサイタルはおよそ1000回を超え、10年より毎年欧州にてリサイタル公演も継続中。スタインウェイハンブルグ本社よりスタインウェイ・アーティストの称号を授与されている。
URL http://www.eonet.ne.jp/~y-tajiri/




アンサンブルグランツ
関西を中心にソロや室内楽で活躍するメンバーで結成され、グランツ(輝き)と命名。田尻洋一氏との共演も数多く、真摯で表現力豊かなアンサンブルが特徴。





■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
■後援:伊丹市教育委員会



▲ ページトップへ