# This startup.s scripts change by your idea.
# この startup.s スクリプトをご自分の環境に合うように編集して下さい。
# #を外すだけで dhcp、dns、http等のサーバー機能がすぐ使える様にしています。
# Copyright pepolinux.com
# Written by pepolinux@hcc6.bai.ne.jp IZAMUKARERA 2001.4.12:2003.11.3 last-up-date


# Registration No 設定をします。
# pepolinuxの#を消すと定期的な登録を促すメッセージが解除されます。
cd /etc
cat>SERIAL<<Z
#pepolinux
Z


# DHCP、DNSのクライアント数を指定、これにより自動で設定ファイルを作成します。
export CLIENT=20
export HOST=`hostname | cut -c 1-4`
export HOSTNAME=`hostname`


# 1番目の eth カードの設定IP アドレスです、CLIENTの数を足して254以上にならない様に
# して下さい。
# 他は特に説明の必要はないでしょう。
# dhcpdを起動させる時はGATEWAYを必ず設定しコメントを外す事
export IF_PORT=10baseT
export IPADDR=192.168.100.100
export NETWORK=192.168.100.0
export NETMASK=255.255.255.0
export BROADCAST=192.168.100.255
export GATEWAY=192.168.100.100
export DOMAIN=osaka.kansaiben.com
export DNS_1=192.168.100.100
export DNS_2=192.168.200.100
# 2番目の eth カードのIPアドレスを記述します。
export IPADDR1=192.168.200.100
export NETWORK1=192.168.200.0
export NETMASK1=255.255.255.0
export BROADCAST1=192.168.200.255
export GATEWAY1=192.168.200.100

# PPPのIPアドレスの設定
export PPPSERVER=192.168.198.1
export PPPCLIENT=192.168.198.2

# VTun(Virtual Tunnel over TCP/IP network)用のアドレスを設定します。
export TUNSERVER=192.168.197.1
export TUNCLIENT=192.168.197.2
# VTunの相手LANのネットワーク設定をします。
export TUNHOST=192.168.200.100
export TUNNETWORK=192.168.200.0
export TUNMASK=255.255.255.0

# モジュール化したドライバをメモリにロードします。
# デスクトップPCのethカードが不明の場合一度以下のコメントを外し認識出来るか
# 試します認識認出来たらlsmod コマンドにてethのモジュール名を確認し一つだけ
# insmod する様にします、xxxx 部分をモジュール名へ書き換えコメントアウトする。
#for Z in /lib/modules/2.4.22/kernel/drivers/net/*; do insmod $Z; done
#insmod /lib/modules/2.4.22/kernel/drivers/net/xxxx.o
# 以下はethカードが判明した時モジュールに依存関係がある場合modprobeを使います。
#modprobe 8139too
#modprobe ne

# モジュール化したUSBドライバをメモリにロードします。USBの無いPCはコメントアウトして下さい。
#modprobe usb-uhci

# Cardbus 対応Pcmciaカードモジュールをinsmodします。
#insmod /lib/modules/2.4.22/kernel/drivers/net/mii.o
#insmod /lib/modules/2.4.22/kernel/drivers/net/8139too.o

# PCMCIA 設定をします。
cat>/etc/pcmcia.conf<<Z
PCMCIA=yes
# Should be either i82365 or tcic
PCIC=i82365
# Put socket driver timing parameters here
PCIC_OPTS=poll_interval=100 pci_csc=1 irq_list=3,9,10
# Put pcmcia_core options here
CORE_OPTS=
# Put cardmgr options here
CARDMGR_OPTS=
# To set the PCMCIA scheme at startup...
SCHEME=
Z
中略

# ブリッジの起動が終わっている場合、brouterの設定を行います。
# ebtables(Ethernet bridge tables)はMACレイヤで高度なフィルタリングを
# するものです、ここではブルータ機能のみ使用しています。
cat>/etc/brouter.sh<<Z
#!/bin/sh
#This script making brouter,a precondtion is enabled pepobrctl.
MAC_OF_ETH0=`ifconfig eth0 2>/dev/null|awk '/HWaddr/ {print $5}'`
MAC_OF_ETH1=`ifconfig eth1 2>/dev/null|awk '/HWaddr/ {print $5}'`
ifconfig br0 0.0.0.0
ifconfig eth0 $IPADDR netmask $NETMASK
ifconfig eth1 $IPADDR1 netmask $NETMASK1
ebtables -t broute -A BROUTING -p ipv4 -i eth0 --ip-dst $IPADDR -j DROP
ebtables -t broute -A BROUTING -p ipv4 -i eth1 --ip-dst $IPADDR1 -j DROP
ebtables -t broute -A BROUTING -p arp -i eth0 -d \$MAC_OF_ETH0 -j DROP
ebtables -t broute -A BROUTING -p arp -i eth1 -d \$MAC_OF_ETH1 -j DROP
Z
chmod 755 /etc/brouter.sh
# brouterの起動をします。
#/etc/brouter.sh;echo brouter start!


# VTun(Virtual Tunnel over TCP/IP network⇒トンネルデバイス)を設定します。
# VTunはC/S間で仮想IPネットワークを構築しデータの暗号化と圧縮をするものです。

# 相手Vtunホストのルーティングの設定、ネットワーク単位やデフォルトゲートの設定はしない事。
#route del default gw $GATEWAY ; route add -host $TUNHOST gw $GATEWAY

# サーバー側のIPアドレスの設定
sed -e "s/TUNSERVER/$TUNSERVER/" -e "s/TUNCLIENT/$TUNCLIENT/" /etc/vtund.conf.server >/etc/vtund.conf.new

中略

# dns サーバーを起動します、win98、95 クライアントで動くと思います。
#ndc start;echo Starting named


# dhcp サーバーを起動します、win98、95 クライアントで動くと思います。
#dhcpd eth0;echo Starting dhcpd


# dhcp クライアントを起動します、他の pc にdhcpサーバーが必要です。
#dhcpcd eth0;echo Starting dhcpcd


# routed ルーティングデーモンを起動します。(RIP-1によるルーティングを行う)
#routed ;echo Starting routed


# MOUSEのコピー&ペーストユーティリテを起動します。
gpm -m /dev/mouse -t ps2 ;echo Starting gpm
# USB MOUSEのコピー&ペーストユーティリテを起動します。
#gpm -m /dev/input/mice -t ps2;echo starting usb_mouse_gpm


# snmp デーモンの起動します。
snmpd -f ;echo Starting snmpd


# www サーバーのホームページデータの転送をします、何と www (Apache)サーバーが
# 動作します。
# ssi、cgi 、perlスクリプトも動作します。
# /tftpboot/home/~xxxx/public_html/ に各ユーザーがホームページを作成出来ます。
PE=/dos/peplinux
T=/tftpboot
cd $PE
cp *.html *.htm *.shtml *.gif *.jpg *.dat $T
lfcut.s counter.pl $T/cgi-bin/counter.pl
lfcut.s cnt.cgi $T/cgi-bin/cnt.cgi
lfcut.s test-cgi.cgi $T/cgi-bin/test-cgi.cgi
lfcut.s printenv.cgi $T/cgi-bin/printenv.cgi
lfcut.s test-ssi $T/cgi-bin/test-ssi
chmod 777 $T/ $T/cgi-bin $T/cgi-bin/*
cd /
# www サーバーを起動します。
/usr/local/bin/apachectl start;echo Starting httpd


# pepolinux world の始まり始まり楽しんでね。
# Have fun PepoLinux.